top of page
  • 執筆者の写真誠一 中山

京都からのストレッチャーでの転院

更新日:2023年3月11日

京都市内の病院から八尾市の総合病院へ転院されました。

患者様は寝たきりのご状態で、ストレッチャーでの搬送依頼でした。

搬送中の車内では、常にお付き添いの妹さんが寝たきりのお兄さんに

優しく話しかけるように声をかけておられました。

一方通行の会話ですが、まるで本当に楽しく会話されているようでした。

妹さんは寝たきりのお兄さんのためにと、ご主人、お子供さんのご理解

とご協力を得て、つい最近看護師になられたそうです。

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

柏原市からストレッチャーでの通院

夜間に救急搬送後、ストレッチャーでの帰宅搬送。 そのご縁から、柏原市から八尾市内の総合病院への通院搬送です。 お家は、いつも明るく曾孫さんがベットの傍で遊んでます。 移乗時痛みに対する怖さが強い患者様ですが、搬送中は落着いて よく寝ておられます。 ご通院は、献身的にお孫さんご夫妻が付き添っておられます。

Comments


bottom of page