3116353_m.jpg

​民間救急

患者等搬送事業者

をご存じですか?

 その名称から民間の「救急車」のように思われがちですが、「消防救急」とは大きく業務内容や利用方法が違います。

 民間の事業者が、各市町村の消防署から「患者等搬送事業者」「患者搬送等乗務員適任」として認定を受け、搬送用の自動車を用いて緊急性の少ない方で、自分一人や家族だけでは病院や社会福祉施設等への入退院、通院等ができない利用者等(車いすやストレッチャーを必要とする人)を予約により指定された時間や場所へ安心・安全に搬送します。
 『民間救急』は搬送中に医療法や医師法に触れる医療行為はできませんが、必要な際は正しい応急手当を施すことが可能です。

 救急走行も緊急事態に対応するわけではないのでできません。信号や法定速度を遵守します。
 

 このように医療行為が出来ないこと、緊急事態に対応するものではありませんが、逆に言えば入退院・一時帰宅はもちろんのこと、旅行や冠婚葬祭の参加などにもご利用できる大変便利なのが『民間救急』です。

当社は八尾市消防本部認定患者搬送事業者です。

車いす・ストレッチャーでのお出かけなど、さまざまなシーンでもご利用いただけます。

パンフ切り抜き

八尾市の民間救急は

24時間対応の誠にお任せください!

​ 全身性障がい者ガイドヘルパーの資格も所有しております。全身性障がいの方の外出も支援いたします。

公共交通機関では対応が不安、移動が困難な方など、どなたでもご利用いただけます。また同伴者の方もご乗車して頂けます。
 車いす、ストレッチャーのままご乗車可能です。

 乗車定員数に制限はありますが、お客様の喀痰吸引機持ち込み使用可能です。

八尾市消防本部認定証